猿板

遊山黒子衆SARUの記録

最後の土佐猟師の物語2012 命を継ぐこと

猪犬

「日本に猟師が動物を滅ぼした歴史はない」
 自然に向かい自然として対峙し
殺戮ではなく食として頂くこと。
それは自然の流れだと思う。
◆猟を終えて
 この日の猟は3貫の猪2頭でした。
「今晩の食料が出来たのぅ。」
長老が猪を捌くための湯を沸かす。

◆料が始まる
 慣れた手つきで山刀を操る。
いや〜良く切れる刃物ですね。
「何言いゆうぜ。これが本職じゃき」

お湯を掛け手早く毛を抜き取る。
カミソリで毛を削ぎ毛根を残せば
更に肉はうまくなると言う。

ここではそれぞれが役割を分担し
年齢も関係無く上下の身分もない。

 そんな猟師達の手にかかり
あっという間に猪は肉になった。
 「トンビが内臓を待ちよらぁ(笑)」
そして何一つ無駄にはしない。

◆自然というもの
 犬と共に野山を駆け
自然の一部となるこの文化が
自然を有り難いと思う心のために
いつまでも続いて欲しいと思う。

  そんな猟師達により
 猪の命は引き継がれた。
 猪は天寿を全し
 猪は死んではいない。



                    猪の荒肝を抜く風の音  宇多喜代子