猿板

遊山黒子衆SARUの記録

台風一過の梶ヶ森遊山 神の域

栃は虫が入った実を落とす。なぜそれが解るのかといつも思う。やはり植物には目の様なものがありいつも廻りも見ている様に感じる。 ◆腰を下ろす 信仰の山である梶ヶ森の9合目には定福寺奥の院があり私達はいつも軒下で休ませてもらう。 木々の間から覗く空は…

台風一過の梶ヶ森遊山 森の域

ヒキガエル科の大型の蛙で成体は肥えて四肢が太く短く動作が鈍重でのっそり歩く。主に蚊などの昆虫を捕食する。 ◆沢を溯る 龍王の滝からは山頂付近の水源を目指し山道はほぼ沢を溯る。 ◆葉の色合い ここも奥物部もそうだが今年の葉は緑色が薄く感じる。 今夏…

tochikoのかよう道 夏の後ろ

いつものかよう道は斜陽に変わり 見上げれば筋雲を背中に襲ってくるような入道雲 山の上はほぼ毎日夕立が降っています。 梼原町最深部の植物園「百一草園」のキレンゲショウマは 今では10万花が咲き林床は黄色いぼんぼりが灯るようでした。 あまり観に来てく…

台風一過の梶ヶ森遊山 水の域

ゴマノハグサ科の半寄生一年草。やや乾燥した林内に生える。二つの飯粒状の白い斑点のある紅紫色の筒状唇形花を穂状に開く。 ◆滝へ下る 轟々と水面を叩く音が響き深緑の中から落差20mを超す大蛇伝説継がれる滝が現れる。 ◆深山の白龍 「やっぱり水多いね」長…

台風一過の梶ヶ森遊山 人の域

高知市から約1時間半梶ヶ森6合目の龍王口に着く。この時雲は薄くなりはじめ天候は安定してきたと思われた。 ◆分け入る 登り始めは植林となる。大雨でまず被害を受けるのは根を浅く張る杉などの人工林だが今回の台風での被害は見えない。 今回台風の雲は南か…

台風一過の梶ヶ森遊山 ゆく道

明日は日差しが届いて夏らしい空と暑さになる。ただ山沿は午後にはニワカ雨の可能性がある。 ◆台風が残したもの 台風10号による降雨で奥物部に行く道が崩落で通行止め。一部の集落が孤立しているとのことで急遽行く先を梶ヶ森に変更した。 ◆川を遡る 高知道…

夏の終わりのヌル谷遊山 帰る道

「やっぱり違うわぁ!」 tochikoは新しいレンズを覗いている。 そりゃぁそうだよ。同じじゃつまらないよな。 ◆細やかなこと お昼には少し早い時間。もう一品作るつもりだったが持って上がった近所のおかず屋さんのお稲荷さんと卵焼きだけ頂いた。 私はtochik…

夏の終わりのヌル谷遊山 樹の下

「ツルアジサイ」は蔓性の紫陽花。木や岩に気根と呼ばれる根を張り成長する。まわりの木が葉を出す前に花を咲かせるので撒きつかれた木に花が咲いたように見える。 ◆沢の源流へ 物部川水系上韮生川の支流ヌル谷はカヤハゲの山麓より出流。かつてこの谷はその…

tochikoの夏 海風山風

8月8日は立秋暦の上では秋ですが南国土佐の夏はこれから 9日の前夜祭で始まるよさこい祭りから始まります。 今年も遠くから帰ってきてくれた友人家族 今年も沢山の笑顔に元気をいただきました! さて、海風になびく衣装とよさこいの狂騒をお土産にお墓参りと…

夏の終わりのヌル谷遊山 森の道

急登を登り終え道がなだらかになれば私達の居場所が見えてくる。 ◆山のまほろば本来の呼び名は「ヌル谷のナロ」大地の隆起により出来た落盤帯に流れ込んだ沢が永い時をかけて土砂を運び造った森の広い平坦地。 私達はここに30年近く通い続け様々な変化を体験…

夏の終わりのヌル谷遊山 渓の道

白髪山山麓の林道から上韮生川支流「長笹谷」を渡り対面に見えるカヤハゲの麓に入る。 ◆奥物部の森へ ヌル谷のナロを示す分岐道標から長笹谷に下ると林道とは違う植生が現れる。 ここから始まる森を私は奥物部の森と呼んでいる。 ◆長笹谷 やがて見える長笹谷…

みなさまに御礼申し上げます

南国土佐「第66回よさこい祭り」でとらっくよさこいbyちふれの踊り子たちが見事大賞に輝いてくれました。ご声援頂いた皆様に感謝申し上げます。 乾坤一擲 いざ勝負! 虎と龍とのつばぜり合い 相交えて 咲くのは火花 折り紙付きの つばぜり合い 切羽詰まろう…

とらっくよさこいbyちふれ2019

とらよさ饅頭販売中!土佐菓子の老舗の都まんがとらよさの衣装を纏いました。 6月から始まった練習を終え8月9日に完成した「御喜楽交々」 昨日の前夜祭で皆さんにお披露目し沢山ご声援を頂きました。 さあさあとらっくよさこい踊り子衆一生ものの思い出を作…

tochikoな山歩き 母樹

一本の樹に逢いに行く遊山。 河童のよさこい練習も終盤涼と静けさを求め私は密かに新しいレンズ試しに 笑 mothertreeに逢いに出掛けました。 そこに吹く風も樹のすべてが同じ姿ではなく 変わらないのはここで生きて行くと決めた場所だけ。 栃の老木は固い鱗…

夏の終わりのヌル谷遊山 夏の花

奥物部の森を走る市道西熊別府線に入り道路は緑のトンネルとなる。 ◆分け入る いつもの登山口に車を置く。外気温23度は運動するにはほどよい気温だろう。 ◆緑の道 この林道も鹿の活動により相当数の植物が姿を消したが今年も花を咲かせた草木がいる。 春の鮮…

夏の終わりのヌル谷遊山 ゆく道

太平洋高気圧圏内で広く晴れ酷暑が続き山沿いを中心にニワカ雨や雷雨の可能性が高く南海上の台風にも注意が必要だろう。 ◆夏祭りに向かう 「台風大丈夫やろうか?」 よさこい祭りの準備が進む高知市祭りが終わるまで直撃は勘弁して欲しい。 ◆秋に向かって 夏…

大暑の堂床谷遊山 涼風吹く

お昼には少し早く沢のせせらぎが聞こえる堂床河原まで下ることとした。 ◆癒やしを求める特に気象遭難が多いこの時期四国の稜線は暑いし虫も多いし頂には拘らないことにしている。 難行苦行は求めていないから(笑) ◆生き物として 個体差はあるが私達が裸で…

大暑の堂床谷遊山 空の模様

綱附森へ続く山道は集落跡の谷から尾根を越える。ここもかつて一面笹に覆われていた。 ◆変わること それは人の活動に追われここに逃げてきた鹿によるものでこの尾根の斜面も笹を失い土壌が流れはじめている。 「まだ笹の残骸が残ちゅうね」 ◆渓に降りる 尾根…

大暑の堂床遊山谷 山の懐へ

涼風流れる渓を離れ沢の音はしだいに遠くなる綱附森の懐を登り返す。 ◆森に入る ここから放置され障害物となった木段が始まる。これも手入れ出来なければ撤去した方がいいのではないか? 旧堂床小屋跡地を過ぎ分岐から綱附森への道に入る。 ◆人の跡 急登を終…

tochikoな山歩き 堂床谷

旧堂床避難小屋跡の少し上にある綱付山への登山口が堂床谷へ出会う道。 杉林の中には埋もれかけた石積みが残り その先の赤松林からもかつて人が関わった山であることがうかがえます。 綱附森にはこの沢を詰めるように登っていきますが 大きな岩屋を回り込む…

大暑の堂床谷遊山 清水舞う

足下から沢の音と共に蝉の声が聞こえはじめた。 「ヒグラシに変わったね」 ◆渓へ下る 山道は登山口から旧営林署の人工林を歩き堂床谷に向かって下る。 ◆堂床河原 山道は砂防ダムより出来たほぼ放置されたキャンプ場に降りる。 ここから山道は堂床谷に沿った…

大暑の堂床谷遊山 分け入る

「烏瓜の花やねぇ」 久しぶりに見た烏瓜の花は夕方に咲きはじめ朝には萎む。 早起きは三文の得やな。 ◆夏の花咲く 奥物部の森に分け入る西熊林道に朝陽が差しはじめる。夏山シーズンに備えてだろう林道の落石のほとんどは除かれていた。 こちらにはキツネノ…

大暑の堂床谷遊山 川を溯る

台風の影響で雨が降ることがあり一時ザッと強まり雷を伴う恐れもある。山中では急な渓の増水に注意を要する。 ◆梅雨明ける 梅雨が明け大暑に入った週末まだ穏やかに晴れていた朝通い慣れた西熊の森に向かった。 「そろそろ稲刈りやね」 暖かい南国市の稲は穂…

小暑の黒沢湿原 結

「今日は汗掻かんね」 黒沢湿原の雨は止み始め台風の影響はほとんどなく涼しい風が吹き抜ける。 ◆空を読むこと 「降水確率」はいい予報だがそれは街での暮らしではのことでやはり山に入るためには天気図と地形を読む必要がある。 ◆たびの尻滝 遊歩道を1.5km…

小暑の黒沢湿原 転

昔から黒い土と泥の湿地があり「黒沢」と呼ばれていたものが「くろさわ」がなまって「くろぞう」と呼ばれる様になった。 ◆水が造ること 黒沢湿原は東・西・北に標高600mあまりの山に囲まれ南方は緩傾斜して水は松尾川へ下る。 ◆命のこと 山中に出来た平坦地…

tochikoな休日 水たまり

黒沢湿原はいつもこの時期に訪れています。 お目当ての花は見当たらず小さなトンボたちが舞い 貸し切りではなかったようです(笑) 歩く先の木道には水たまりに映す空が歳月を語り合っているようでした。 静かやね 睡蓮を見下ろすベンチの横で涼やかな一時で…

小暑の黒沢湿原 承

「下は雲海やねぇ」 雲は2層に分かれているらしい。北から前線を押す寒気のせいだろうか。 ◆四国の尾瀬へ 小歩危に沿った集落から林道をくねくね上がれば突然目の前の風景が開ける。 ◆ようこそ黒沢へ 「やっぱり涼しいね」 湿原の駐車場の気温は22度。標高も…

小暑の黒沢湿原 起

四国は台風の影響により雲が多く雨が降ることがあり一時的に強く雷を伴う恐れもある。 街はムシムシと暑くなりそうだ。 ◆台風のこと 台風5号は思ったより北に進んだが南の湿った空気を四国に引き込むだろうが四国山地の北側は雨は免れそうだ。 ◆ゆく道 今日…

雨には雨の遊山 顔が見える

我が家の家具などの全てはこのお店の店員さんに任せている。 「河童ちゃんは 人を追っかけるからね」 ◆KAGURAS 「すいません○○は イベントで出ております」 いま彼女は仕事のあと建築士を目指し夜間学校に通っている。 ん!? このチェストいいと思わない(笑…

雨には雨の遊山 日々の道具

ランが気に入った先日購入した作業テーブルで今日も気持ちよさそうに寝ている。 ◆季節変わり 居間のラグを夏用に交換し今までのはクリーニングに出す。 おいおい爪研ぎじゃないぞ! ◆愛着を求めて クリーニングもお気に入りの店へ。ここの店員さんも幾度か我…