猿板

遊山黒子衆SARUの記録

芒種の加持ヶ峰遊山 蛙の子

祖先が真理を求めた大岩に架けられた鎖場を登り真の清水が出流森を目指した。 ◆滝頭に上がる 真名井の滝頭にはもう一つの滝があり季節毎の掛け軸の様な風景を見せてくれる。 涼しげな風景になったな。 「えい風が吹くねぇ」 いつも休憩する大岩頭の昭和の東…

芒種の加持ヶ峰遊山 栃の花

歴史を1300年溯る定福寺。その奥ノ院は佐賀山谷川の支流湧き出す深い処にある。 ◆深山のお寺 「涼しいね」 風が吹き上げ気温は15℃登り口から2℃下がった。 晴れたらまた下がるな。 ここも流れ込んだなぁ。 「ガラスが割れちゅうで!」 背後に山を背負ってるか…

芒種の加持ヶ峰遊山 山清水

「囀りが賑やかやね」 この山の特徴でもある落差20mの滝を成す大岩の右岸を巻いて滝頭に上がる。 ◆滝頭のこと 梶ヶ森にはこのような大岩が稜線近くまであるのが独立して聳えた由縁なんだろう。 ミソサザイとルリかな。 龍王の滝頭には上部二段の滝が流れ込む…

芒種の加持ヶ峰遊山 二人静

「若葉が一人前の青葉になった」 禾のある穀物を播く時期の意。田植えが始まり梅雨めいてくる。 芒種らしい森になったな。 ◆登り口のこと 「お山は曇りやね」 標高約900m静かな登り口気温17℃は平年より少し低い位。 撮影にはいい感じやろう。 「今日も赤翡翠…

tochikoな山歩き 花の後

駐車場までは大雨の後の土砂を除いた道を通ってきました。 いつもより浮き石が多い道を歩く 昔会った里人はゴウゴウと濁った川を見ながら「大雨が降ったらこんなもんよ」と笑っていて 厳しい自然も恵みであることを教えてくれました。 いつもの道は水が流れ…

芒種の加持ヶ峰遊山 紫陽花

前線を伴った低気圧が接近し北や東日本は広く日差しが届くが西から下り坂で午後は雨になるかも。 ◆空を観る翌日、本州の南を低気圧が東に進むため西日本は広く雨が降り九州や太平洋側では降り方が強まったり雷にも注意だろうなぁ。 寒気予想図が春秋ものに変…

仲夏に入る三辻山遊山 満天星

「シロドウダン咲いたね」 ツツジ科の落葉低木。満天星春、若葉と共に壺状の花を多数下垂する。 クマンバチも忙しそうだな。 ◆調和すること 極相に向かう森では様々な種が根を張り「競争している」が今までの合意だったが「助け合えるか観ている」としないと…

仲夏に入る三辻山遊山 山滴る

植林を抜け主稜線に乗る。風が強い稜線は土壌が乏しくリョウブやツツジなど菌根で共生できる木々が根を張る。 ◆赤良木園地 「一本するろう」 稜線から緩やか下った山道は昭和の頃の忘れられた園地に至る。 頂上に上がってもうや。 赤良木園地は山頂直下にあ…

仲夏に入る三辻山遊山 夏の空

「気持ちいい空やね」 空は登り口と変化はなくまだ寒気の動きはないようだ。 風がえい感じや。 ◆杖塚の空 季節は正確に仲夏に移ろうがこの後高い山で雪を降らせるような下層寒気が北海道上空まで南下する偏西風の大きい南北蛇行は続きそうな。 「鳥の群が来…

仲夏に入る三辻山遊山 散る花

登り口から見上げる空には陰影がない薄く太陽光を透かす氷の結晶で成る巻層雲があった。 ◆分け入る 静かな標高約900mの登り口気温16℃は平年より涼しくこれも今夏の特徴だろうと思う。 さあ 行こうか。 ◆林道のこと 「めっちゃ茂った さらに暗くなった」 山道…

tochikoな山歩き 空の色

かよう三辻山はたった二週間で緑が茂り薄暗くなっていました。 木々の葉からこぼれた太陽の光がスポットライトのように草木を照らす このような時葉の上を観察すると小さな昆虫に出会います。 日の当たる杖塚に出たら野鳥の囀りに囲まれしばし野鳥観察 コガ…

仲夏に入る三辻山遊山 嵐の後

元台風の低気圧は東の海上に離れ前線は日本のはるか南海上へ南下し日本付近は日差しが届く見込みだが四国も多少は寒気の影響が入りそう。 ◆空を観る翌日大陸から寒気を伴った低気圧が接近し上空に強い寒気を伴った低気圧が本州に。また大気の状態が不安定に…

小満の加持ヶ峰遊山 山清水

修験場であった事を伝える鎖場に架けられた階段を登り真名井の滝頭に上がった。 ◆修験場のこと 滝頭の二段の滝が見せる四季の風景を楽しみにしている。 木が一本倒れ掛かったがこれも自然の一期一会だろう。 「これ かみきり虫?」 滝の側でジッと動かない。…

小満の加持ヶ峰遊山 橡の花

歴史を1300年溯る定福寺。その奥ノ院は佐賀山谷川の枝沢湧き出す深い処にある。 ◆深山の寺 いつも軒下を借りて一休みする奥ノ院の宿坊だった「遍照院」はユースホステルとしても賑わった。 「栃の花が落ちてきゆで!」 休んでる間もポトポトと森のシャンデリ…

小満の加持ヶ峰遊山 谷の風

この山の特徴でもある落差20mの滝を成す大岩の右岸を巻いて滝頭に上がる。 ◆滝頭のこと 梶ヶ森にはこのような大岩が稜線近くまであるのが独立して聳えた理由なんだろう。 「若葉がえい感じ」 初夏の渓には若葉だな。 龍王の滝の頭には大岩が堰き止め出来た釜…

小満の加持ヶ峰遊山 水恋鳥

「稜線まで茂ったね」 寒暖の合間に雨もよく降って今年はどの森も芽吹きが良かった。 まだ新緑は楽しめそうだな。 ◆登り口のこと 今日も静かな登り口は風もあり気温20度は平年並み。森の中はもう少し涼しくなるから夏のウェアでちょうどだろう。 さあ 入って…

tochikoな山歩き 栃の花

駐車場で準備をしているとき遙か下の沢からアカショウビンの声が聞こえました。 水は命の源木洩れ日差す沢沿いの道には 水辺が好きな栃の木が流れに沿うように立っていて 昨年秋に落としたどんぐりの幼木も育っていました。 急斜面を登っていると目線の葉に…

小満の加持ヶ峰遊山 田植え

日本は晴れる地域が多くなる。一方梅雨前線は南西諸島に停滞し前線活動で雨は降りやすい予想。 ◆空を観る 翌日移動性高気圧は東へ動き高気圧の縁をまわって流れ込む暖かく湿った空気や低気圧の影響で西日本の天気は下り坂に向かう。 偏西風の大きい蛇行は続…

立夏の三辻山の遊山 五月晴

祠のあった大岩が今年も緑に埋まっていた。 これもかつては道標になったんだろうな。 ◆杣道の果て 苔むした石が積まれた東西に延びる稜線近くを杣道は峠に下りはじめ空気が変わる。 その奥に森のまほらがある。 ◆森の中のもう一つの森 姿の見えない鳥たちの…

立夏の三辻山の遊山 石楠花

「これくらいの 汗なら気持ちいいね」 急登を終えた山道の先が明るくなり山域の主稜線に乗る。 ◆忘れられた園地 植林を抜けた主稜線は風が強いために土壌が乏しくリョウブなど菌根で共生できる木々が根を張り笹と調和する。 「一本するろう」 稜線から緩やか…

立夏の三辻山の遊山 夏の空

「これカメムシ?」 捕まえるとキイキイと鳴く髪切虫。人は草木を食べる害虫だと言うが僕は草食が害虫だとは考えない。 ◆杖塚のこと 自然休養林の公園施設でいつも空の様子を観ている。 今日は寒気が押し出したようで高層雲が綺麗な線を描いていた。 ここも…

立夏の三辻山の遊山 山躑躅

すっかり葉が茂ったな。 登り口に植えられた山桜も若葉を茂らせ陽射しを受けて空の雲も穏やかに流れている。 ◆登り口のこと 「空気が澄んでる」 静かな標高約900mの登り口。気温16℃は快適は初夏のもの。 掻く汗も気持ちよさそうだ。 ◆林道のこと 三辻山への…

tochikoな山歩き 木洩れ日

いつの間にか木が茂り木洩れ日が差すかよう道に ヤマツツジの朱色が彩りを添えていました。 「木陰の道やね」 野鳥の囀りが聞こえるも姿は見えません。 緑のトンネルの足元には小さな昆虫の足跡が見え隠れ 薄暗い時期を待っていたように感じました。小さな虫…

立夏の三辻山の遊山 花卯木

高気圧に覆われ五月晴れ。所謂お出かけ日和となりそうでそれ以外何も言うことない天気。 気温も上がりはじめるな。 ◆空を観る 翌日は高気圧は日本の東海上へ抜け南海上にある湿った空気の前線が北上。西日や東日本は天気は下り坂となる。 雨の季節が近づいた…

初夏の奥物部の森遊山 鳥の音

「柔らかい陽射し」 開いたばかりの葉は陽を透かし森の空気まで若葉色に染めている。 緑が身体に染みいるようだなぁ。 ◆深い懐のこと 「囀りが気持ちえい」 まほらの中心に根を張る沢胡桃。根元を流れる渓水も軽やかな音を奏でる。 静寂という音もあるよなぁ…

初夏の奥物部の森遊山 山滴る

両側の山が迫った林道は古の峠に上がる終点に近づき風は渓から吹き上がる。 ◆渓へ下る 「木洩れ日が綺麗やね」 終点手前の道標から林道を別れ渓へ下る山道に入り奥物部の森の懐へ分け入った。 ◆長笹谷 カヤハゲ南山懐より出流長笹谷の渓底に山道は降りる。幾…

初夏の奥物部の森遊山 落し文

広げた羊歯の若葉の間から茎を伸ばし咲いた花は何だろう。きっと共生している様にも感じる初夏の命らの営みは美しいものだ。 ◆空気のこと 長い冬の眠りから目覚めた草木がまるで深呼吸をしているような息が森に満ち空気が変わったことを感じる。この初夏の森…

初夏の奥物部の森遊山 新緑風

芽吹きで狭くなったいつもの登り口の空は快晴。 今日は登山日和だが いつも静かだなぁ。。。 ◆登り口のこと 標高約1000m気温は13℃。風もそこそこ吹いてくれる様で夏服で汗掻くことなく歩けそうだ。 さあ 行こうか。 ◆林道のこと 「緑のトンネルになった」 山道…

tochikoな山歩き 駆け上がる

ひと月が過ぎた奥物部は裾野から緑駆け上がる風景でした。 「眩しいね」 まるで最頂部の木々が裾野からの迎えを待つように 順番に裾のから駆け上がる緑が波のようでした。 まだ越冬芽だった沢沿いの栃は大きく葉を広げ 水量の蓄えられた沢で気持ち良さそうに…

初夏の奥物部の森遊山 花柚子

本州周辺は高気圧圏内で日差しが届く。強い日差しに加え南寄りの暖風が吹き込み各地で気温が上がり夏日も出てくる予想。 ◆空を観る 翌日は高気圧が東の海上に離れ日本海から前線や低気圧が通過する。西から天気は下り坂で強い雨に注意。 偏西風の南北の蛇行…