猿板

遊山黒子衆SARUの記録

小寒の奥物部の森遊山 帰る道

北面を葛籠折れに登る山道はカヤハゲから下る尾根に乗る。ここまでのなだらかな勾配は尾根に忠実にあがる登山道になる。 ◆見定めること 北からの風が強くなり雪は一晩分でこれ以上増えないだろう。 ここで引き返そうか。 山は来てみないと解らない思い残すよ…

小寒の奥物部の森遊山 淡い雪

いつもの倍の時間をかけてヌル谷のナロに辿り着く。ゆっくり歩けば身体も喜び視野も広がり風景が変わる。 ◆自分の歩幅 落盤帯に集まった水が土砂を運び造った森の平坦地は落葉すれば渓が集める風が抜ける。 一本していこうや。 ◆雪に会う ヌル谷で休憩のあと…

小寒の奥物部の森遊山 雫の道

いつもの林道口に車を停め空の様子を確認し装備を調える。特にこの時期四国の高山は雨か雪かを見極める必要がある。 ◆分け入る 林道口の気温は2℃。長笹谷に沿った林道には変化の時を告げる風が吹き薄めのソフトシェルで丁度いい。 ◆雨上がり 雨上がりの林道…

小寒の奥物部の森遊山 冬の雲

物部川から上韮生川に別れ川の源流域にある森を目指し旧物部村の最深集落にはいる。 ◆山の霧 「白い炎立つやね」 里山の重なりから白い山霧が空に昇ってゆく。 「いいですねぇ」 これも水の島日本らしい風景だ。 ◆森に入る 奥物部の森に分け入る西熊林道に入…

小寒の奥物部の森遊山 通う道

本州の南の海上を通過する低気圧や日本海での風と風のぶつかり合いによる雨雲の影響で広い範囲で雨や雪が降る。 ◆集うこと 「明けましておめでとう!!」 大阪のSARU仲間Tommyさんとのろさんが今年最初の遊山に帰って来た。 ◆空を観る 2人の地元関西付近の山…

tochikoな山歩き 雨と雪ノ遊山

愉快な仲間と今年最初の奥物部遊山は稜線の雪を期待して始まりました。 雨上がりの霧に包まれる冬の森 対岸を眺めれば1,500m付近から雪を乗せた針葉樹が見え隠れ 谷を隔てた林道も霧に包まれていました。 落ち葉色の絨毯のmothertreeを過ぎれば 落ち葉を白…

和宏さんと初詣遊山 帰り道

この日降りられる山神様と私達も下山を共にすることとした。 一緒に降りるの初めてですね。 ◆下界へ帰る 一番の仕事は「道直し」と仰る山神様は50年以上剣山の自然を見つめてきた。 ◆確かな足取り 私は山神様の足さばきが好きだ。無駄が全くない軽い足さばき…

和宏さんと初詣遊山 山小屋

次第に高くなるお天道様の方に私達の居場所となった山小屋が見えた。あの小屋にはいつも温もりが待っている。 ◆剣山頂上ヒュッテ 山頂の鳥居をくぐり神社に登る。今年の遊山もここから始まることが出来た。 有り難い ありがたい。 ◆明けましておめでとうござ…

和宏さんと初詣遊山 冬青空

冬の青空に聳える剣の弟峰次郎笈が現れる。やはり今年は無雪の正月だな。 ◆御来光 西島神社の大岩を抜けると空が開け霊峰剣山の山頂から元旦の御来光が降り注ぐ。 冬期休業の西島リフト駅前で一本する。リフトは40年位前2回ほど正月運行したが寒くて乗る人が…

和宏さんと初詣遊山 山眠る

劔神社の創立年代は不詳。祖谷山開拓の折に大山祗命を鎮祀して祖谷山の総鎮守とした。 (劔神社HPより)◆山の初詣 参拝客で賑わう街の神社と違い深山にひっそり鎮座される神に旧年の無難にお礼を申し上げ本年の無難を祈念した。 ◆枯れ山 登り始めの木段は溶…

tochikoな新年 今年もよろしくお願いします。

令和元年の元旦は剣山でむかえました。 すれ違う登山者とは「こんにちは」の代わりに「おめでとうございます」を交わし合う。 お正月らしい初登山になりました。 下山時はなんと二代目山神さまとご一緒させていただくことができ いつもの見慣れた風景をご主…

和宏さんと初詣遊山 年明け

前線を伴った低気圧が通過し日本は強い冬型の気圧配置となり今シーズン一番の寒気が流れ込むが太平洋側は日差しが届くと思われる。 ◆令和の正月 令和2年の元旦は和宏さんと共に剣山へ初詣に上がることとした。 ◆夜明けを走る 確か夜明けは6時半頃。吉野川に…

のろさんと年の瀬遊山 鎮

標高1,769.7mの山頂。この剣山系の白髪山は山深くまで車で入れるようになり40分ほどの山道で登頂出来る。 ◆頂に立つまた剣山から西に延びる主稜線から南に突き出た独立峰の様な山容は北からの風が吹き上がるため霧氷が出来やすい地形となっている。 ◆テラス…

のろさんと年の瀬遊山 結

真っ青な冬空に伸び伸びと枝を伸ばす落葉樹の越冬芽の赤色が映えていた。 ◆森を抜ける白髪山東尾根の山道は山頂部に近づき山腹を横切りはじめ道の先の風景が開けてくる。 ◆空に出る 心地よい風が吹き上がる青空の中に飛び出した。 「こんなんやったんや」 前…

のろさんと年の瀬遊山 転

標高約1450mの白髪山登山口に近づくと道端には残雪が敷かれていた。 ◆歩きはじめる この登山口まで除雪しないため本格的に雪が積もりはじめたら車での侵入が難しくなる。 少雪もラッキーと思わなきゃね。 ◆自然林 「昔はこうだったんですね」 ヌル谷も西熊の…

のろさんと年の瀬遊山 承

冬型の気圧配置は段々と緩み移動性高気圧が日本を覆い始め。晴れている所が多いものの寒気の流れで四国も気温が下がる。 ◆空を観る 寒気の吹き出しが弱まったなぁ。まあ行ってみないとわからないなぁ。 ◆川を遡る 白髪山は行ったかねぇ?「ガスの中を一度登…

新年あけましておめでとうございます

謹賀新年 令和2年 旧年も多くの方々に四国にお越し頂きありがとうございました。本年もどうぞ遊びにおいで下さい。よろしくお願いいたします。 土佐に来て嬉しきものは 言葉に、魚に、人のあし音 司馬遼太郎 正月の子供に成つて見たきかな 一茶

のろさんと年の瀬遊山 起

「お帰り~!!」 大阪のSARUメンバーのろやまさんが土佐に年末帰郷。 親戚より会ってるよね。 ◆年忘れ 令和元年の締めくくりは今年最後の贅沢をしようとお気に入りの店に出かけた 。 ◆下町のフレンチ ホテルを退職されて長年の夢だったと言われる小さなお店…

冬至の奥物部の森 飛雪

そろそろ降りろうか。 私たちが東屋にいる間に雪は本降りになっていた。 ◆折り返す いま奥物部の森に降る雪が根雪になるとは思えないが確実に大地は冷やされる。 冬至を迎え冬を折り返し雪の季節はこれからはじまる。 ◆見定める 「-5℃でも雨が降り +5℃でも…

冬至の奥物部の森 寒風

ヌル谷のナロは奥物部の森にある平坦地。私達はここに長くかよい様々な気付きと学びを頂いた。 ◆ナロ(平坦地)ここは南向きでテン場にいいが中央に沢が流れているため樹々が葉を落とすと風が抜け寒い。 ◆風抜ける かつてこの森は笹に覆われ笹がないところに…

冬至の奥物部の森 粉雪

山道は林道を離れ上韮生川支流「長笹谷」に下り奥物部の自然林にはいる。 ◆谷へ下る 里人が造った橋を渡る。山間の谷は風の通り道となり上空で生まれた雪が降りてくる。 ◆雪を見る 長笹谷を渡ればカヤハゲの南斜面を登り返す。 「雪 増えたね」 谷に舞い降り…

tochikoな山歩き 雪舞う

北の山から白いカーテンが降りてきました。 今年も思い出のほとんどがこの道から始まりました。 そして雪舞う瞬間は今年初めてでした。 来たね(^^)/ 見上げると枯葉の間から舞ってくる 対岸が見えないほど降り続く雪は 日脚が延びる境の冬至に出会った冬の始…

冬至の奥物部の森 初雪

歩き始めて間もなく主稜線に靄がかかり始めた。 tochiko 雪が来るで。 ◆雪催(ゆきもよひ) 「ほんまや 雲が降りてきゆね」 でももう少しかかるかな。 ◆寒風吹く 登山口は穏やかだったが次第に山風が下りはじめた。 この道は白髪山とカヤハゲの間の構造谷の…

冬至の奥物部の森 寒景

「もう30年でねぇ」 物部川から上韮生川に入る。そうだねぇ この道を何百回通ったろうねぇ。 ◆旧物部村に入る ここに通い始めた頃商店や食堂、豆腐屋もあったが今は一軒も残っていない。人の数も随分少なくなった。 しかし自然が造った風景は何も変わってい…

冬至の奥物部の森 観天

南にある前線を伴った低気圧の影響で西、東日本の太平洋側を中心に雨となる。ただ平野部の気温は低く山はどうなるか。 ◆空を観る四国上空1500mには0℃の寒気がある。四国山地2000m付近は-3℃と考えて雨雲が来れば雪になる可能性がある。 この南岸低気圧が四国…

河童の日々遊山 暮の市

年の瀬・クリスマス・お正月… 「一年ありがとう」の暮れのごあいさつに 「新しい年もよろしく」のお年賀にと いろいろなお品が揃います。 皆様それぞれのしつらえで一年をしまい、 新しい年をお迎えくださいますように…。 ◆日日[にちか] 友人が営むギャラ…

河童の道具箱 繊維素材

岩と雪もARC'TERYXの来秋冬物の発注時期が来た。私も持っているアイテムを見直して更新などのチェックをしないと。 ◆見定めること 峰 来期はどうや?「う~ん △○□・・・ですね」 (まだここでは書けないが)いいね期待していいかも。 ◆多様化のこと 最近目新…

tochikoな山歩き 里の山

平成最後の春4月里人の長に故郷の山を案内していただきました。 梼原町にある標高832mの鷹取山は昭和48年、高知営林局によって学術参考保護林として設定されました。 この川でヤマセミに会いこの森を見上げ何度も歩きたいと思っていた場所でした。 谷沿いや…

梶ヶ森へドライブ 冬晴れ

標高約1400m梶ヶ森の山頂部は広い草原状となり宿泊施設などが整備されている。 ◆山荘のこと その中心となる山荘梶ヶ森は11月末で本年度の営業を終えた。 ルイはここでも遊んだもね。もちろん私達も思い出多い場所だ。 ◆野営場のこと 山頂と対を成す天狗の鼻…

梶ヶ森へドライブ 冬日和

前線を伴った低気圧が通過し日差しが届いても段々と雲が広がる。山沿いではニワカ雨の可能性がある。 ◆風のこと 今冬の偏西風の流れは西日本は蛇行の南側にあり大陸の寒気が流れ込まず太平洋高気圧の中にある。 ◆休養日 関節痛リハビリとして膝廻りの筋肉強…