猿板

遊山黒子衆SARUの記録

台風一過の梶ヶ森遊山 神の域

                                        f:id:kurokoshusaru:20190818172929j:plain

 栃は虫が入った実を落とす。
なぜそれが解るのかといつも思う。
やはり植物には目の様なものがあり
いつも廻りも見ている様に感じる。

◆腰を下ろす
 信仰の山である梶ヶ森の
9合目には定福寺奥の院があり
私達はいつも軒下で休ませてもらう。

f:id:kurokoshusaru:20190818173053j:plain
                                        f:id:kurokoshusaru:20190818173207j:plain

 木々の間から覗く空は
空気が澄み秋のものになってきた。

f:id:kurokoshusaru:20190818173312j:plain

◆修験の場
 今日も稜線への直登コース
ゴロゴロ八丁を上がる事とした。
ここはかつての修験の場で
今も古い石段が残っている。

                 f:id:kurokoshusaru:20190818173400j:plain

 「河童ちゃん
   こんなのあるで!」
その崩れた石段跡を忠実に登っていると
大岩に安置された古い石仏を見つけた。

f:id:kurokoshusaru:20190818173500j:plain

 これは気づかなかったなぁ・・・。

                                        f:id:kurokoshusaru:20190818173549j:plain

◆権現の岩
 ゴロゴロ八丁の果てには
弥勒堂を祀る大岩の門がある。

f:id:kurokoshusaru:20190818173658j:plain
                 f:id:kurokoshusaru:20190818173744j:plain

 この荘厳な風景のなか
一筋の陽の光が降りて来た。

 先人が見た神とは
この様なものかもしれないなぁ。

f:id:kurokoshusaru:20190818173851j:plain

                秋たつや何におどろく陰陽師  蕪村