猿板

遊山黒子衆SARUの記録

tochikoのかよう道 残光

 

 太陽が照らす月
西に見える月の入りが
1日ごとに遅くなっていることを実感します。

f:id:kurokoshusaru:20191017171023j:plain

 

 その後ろから追いかけるように
街に注ぎだす太陽の光

 

      f:id:kurokoshusaru:20191017171116j:plain

 

 何気ない日常に感謝しながらの
かよう道です。

  

f:id:kurokoshusaru:20191017171324j:plain

 山間部は少し遅れて
太陽が差し込みます。

 だいぶ色づいてきたなぁ。

 

f:id:kurokoshusaru:20191017171424j:plain

 

 仕事を終えた頃
日が落ち始めると
空を写した水が茜色の流れをつくっていました。

f:id:kurokoshusaru:20191017171635j:plain

f:id:kurokoshusaru:20191017171729j:plain

 

 さあ もうすぐ秋祭り
各地区の神社で神楽の舞を終えると
朝晩の冷たさが本格的になります。

 

f:id:kurokoshusaru:20191017172126j:plain