猿板

遊山黒子衆SARUの記録

立夏の三辻山の遊山 五月晴

                 

 祠のあった大岩が
今年も緑に埋まっていた。

 これもかつては
道標になったんだろうな。

◆杣道の果て
 苔むした石が積まれた
東西に延びる稜線近くを杣道は
峠に下りはじめ空気が変わる。

 その奥に森のまほらがある。

◆森の中のもう一つの森
 姿の見えない鳥たちの
囀りが賑やかになってきた。

 いったいこの鳥たちは
どこからやって来るのだろう。

                 

 この森のまほらと感じる
森の中にあるもう一つの森。
伐採で以前と姿を変えたが
それは過去にもあったこと。

 「さあ おしまい」

 そこに植林があったことは
その前に伐採があった証だから。

 今日も気持ちよかったな。

                       

◆かえり道
 長く毎週末自然に入り
同じ山々に通いつづけて
違いが見えて比較が出来て
気付いたことは学びとなった。

そして四季ごと遠出して
他の自然や文化などに触れて
感じた四国との違いや良さは
山力となり人生も深めてくれた。

 

 そしてこれからは先人の遊山の様に
目的地の往復でなく過程を楽しみたい。
それは多くの他国の方が書き残してくれた

 「日本人は旅行と共に生きている」

                                           

 日本人は旅行の過程に人生があり
旅行全体を楽しんで人生を豊かにした。
僕らの余生も先人達の物見遊山の様に
お金と時間を活かしたいと思っている。

◆より道

「女房が亡うなって何もすることないき
  みんなぁ反対したけんど40年作りよった
    拉麺をまた作ろうとと思うたがよ」

峠の蕎麦屋の後にラーメン屋が開店した。

                             

 これぞ昭和の味!口に合います!!

 「そりゃぁ良かった
     ほんまの尾道拉麺やきね」

 tochiko またかよう処が出来たな (^_^)

               うれしさや小草影もつ五月晴  正岡子規