猿板

遊山黒子衆SARUの記録

tochikoな山歩き 繋ぐ

そこに行く道は雪解け水の流れる沢音と姿の見えない鳥の囀りに包まれていました。 この時期は別の道から登ることが多かったから朝陽の角度さえ新鮮に感じます。 時は後戻りできない後戻りしてはいけない それだけ長い年月が過ぎても同じ道をこうして笑いなが…

晩春の笹ヶ峰遊山 春光

下津池で国道を別れ止呂峡を溯る林道に入りY'sたちと落ち合う。 ◆分け入る 山道は加茂川の支流吉居川を溯り源流域となる笹ヶ峰の山域に分け入る。 ◆花のこと 「ミツバツツジが咲いた」 ツツジ科の落葉低木。日本中部の山地に生じ、春に若葉に先立ち紅紫色の…

晩春の笹ヶ峰遊山 惜春

台風1号は日本を離れて本州付近は高気圧に覆われるため広範囲で晴れる以外何もない休日。 ◆空を観る今冬の極端な偏西風の蛇行は北上し日本は太平洋高気圧が優勢になるがまだ安心するには早いかもしれない。 ◆川を遡る 「今朝は冷えたね」 快晴が約束された休…

清明の奥物部遊山 春めく

林野庁は樹齢300年と言い友人の木工作家は400年と言うtochikoが30年通った栃の大木。 ◆Mothertree 「大きい樹の下には 他の木は生えんき」 と杣が言う大木の根元にはかつて山芍薬のお花畑があった。 昼は古巣に帰るかな。 「今日はあそこがいいね」 ◆腰を下…

清明の奥物部遊山 岩清水

杣が架けた橋を渡って白髪山からカヤハゲに入る。年間降雨量全国1位の高知県は河川も多く渓は無数に流れている。 ◆渓を渡るその雨水は渓を下り土砂を運び広大な山麓を形成し多くの命を養い高知の植生は亜寒帯から暖温帯まで3,170 分類群も日本一の数となる。…

清明の奥物部遊山 春の光

陽が高くなり陽射しが変わり芽吹く前の細かい枝の全てが輝くこの時期だけの美しい一期一会。 ◆春の光 去年はこの頃満開だったtochikoが期待していた山桜はまだ芽が膨らむ様子もなかった。 「まっいいか!」だな。 ◆鳥の羽 登り口から聞こえていた囀りがこの…

tochikoな山歩き 至る

芽吹きを迎えたかよう道目的地はMothertree 林道から見える対岸の木々も越冬芽が膨らみ紅色が濃くなっているのがわかります。 野鳥たちもペアを見かけるようになりコガラは近づいても警戒する様子もありません。 一昨年コガラの巣づくりをしていた巣穴は昨年…

清明の奥物部遊山 すみれ

奥物部の森は快晴下にあり放射冷却で下がっても10℃と春らしい気温になってきた。 ◆静かなこと 「今日も誰もいない」 この山域は北面にあたる祖谷側から上がる人が多い。 高知側は静かでいいな。 ◆分け入る 「これは咲きはじめ」 いつもの林道で真っ先に咲く…

清明の奥物部遊山 山霞む

本州付近は移動性高気圧の通り道となり広範囲で日差しが届くところが多くなる。北海道は南高北低の気圧配置となって南から暖かな空気が入り雨が降りやすい。 ◆空を観る南海に発生した台風1号はゆっくり北上しブレはあるが日本の南海上を抜けそうだがちょうど…

春分の三辻山遊山 椿落つ

所々に石積みが残るこの道がかつて木地師の道であったことをこの石積みと山桜が伝えてくれる。 ◆森の中のもう一つの森 「やっぱり ここは鳥が多いね」 私がその山域でまほらと思うところはいずれもかつての人の関わりを感じる。 例えば鳥はその姿ではなく鳴…

春分の三辻山遊山 春の雲

「やっぱりまだ早いねぇ」 tochikoが毎年楽しみにしている深山の山桜を根元から見上げても越冬芽が膨らんでいる様子はない。 ◆赤良木園地 山道は山頂直下にある忘れられた昭和の園地に下った。 また次の楽しみが増えたと言うことだろうな。 一本は山頂でしょ…

春分の三辻山遊山 蠟弁花

「満開やね!」 自然休養林広場として整備された杖塚にあがり春の陽射しの中に出る。 流石に先回の残雪は溶けたな。 ◆土佐水木マンサク科の落葉低木 蠟弁花。高知県の蛇紋岩地帯にのみ自生することからこの名がある。花は三~四月に葉に先立って開花。 「気…

tochikoな山歩き 春の道

今頃どんな風景かなぁ 今年はいつもと違う春を迎えています。 振り返れば瞬きのように過ぎた数年間そしてまた、新たなかよう道が始まりました。 桜の色は春の色山肌にに花を生けるように輝く色が 三辻山にかよう道にも現れました。 藪の中で偶然出会ったルリ…

春分の三辻山遊山 木の芽

「今日も静かやね」 登り口の気温は3℃で先週より10℃低く今春の三寒四温の激しさを感じる。 ◆春の芽吹き 「クロモジが咲きはじめた」 登り口は日当たりが良いからなぁ。 どんな年毎の変化があろうとも草木は今年も春に移ろっている。 ◆分け入る 登り始めは昭…

春分の三辻山遊山 花曇り

この時期では強い寒気が南下し3回目の寒の戻りとなった翌日には寒気は影響を残し東海へ抜けてゆき晴れる四国は放射冷却で冷えそうだな。 ◆空を観る先鋒寒気が東海上に抜け本体が南下。北日本を中心に雪をもたらせた後も4回目になる?寒気が北極で発達中だが…

雨には雨の遊山 洋食屋

「お待たせしました。 どうぞお入り下さい」 通う山の遊山のあとは馴染みの洋食屋さんを訪れた。 ◆通うこと もう3年になるだろうか。閉店する馴染みの店の板長に紹介されてから毎月通う洋食屋も私達の大切な遊山の一つになった。 ◆夢を持つこと 「私だけが…

雨には雨の遊山 家具屋

「3月は引越時期やき 家具が安いと助かるね」 注文していた家具の支払いに馴染みの家具屋さんを訪れた。 ◆セール中 「すごい人やね!!」 ちょうどセール初日で駐車場も満車状態だった。 いいことだと思うな。 ◆伝統のこと 昨今の家具、衣類や登山用品など…

雨には雨の遊山 春の雨

前線を伴った低気圧が発達し日本海や本州南岸を北東に進み本州付近は雨風の強まりに注意が必要。特に太平洋側は大雨になるかもなぁ。 ◆三寒四温気象では春になる3月に入っても周期的に強い寒気が四国沖まで下り2回目の寒の戻りが収まったこの後また4月頭に3…

tochikoな山歩き 桜雨

ある雨の土曜日峠道で見つけた桜に会いに出かけました。 山道をくねくね走る道沿いに咲く桜は 集落に寄り添い遠い対岸を眺めるように枝を伸ばしています。 寒い中でも桜の季節がやってきた! 雨粒が見える遠くの山が霞んでる 水滴の重さで俯く花弁にも命の強…

雨には雨の遊山 光降る

「桜の多い国だなぁ」 毎年この時期の遊山の道中思うこと。 さくら さくら 野山も里も 見わたす限り かすみか雲か 朝日ににおう さくらさくら 花ざかり 「桜」の語源はいくつかあるが動詞「咲く」に接尾語「ら」が付き複数形「咲くら」との説が私は馴染む。 …

春分に入る奥物部の遊山 落葉焚き

やっぱり今回もそうだった。この森に幾つかある「まほら」はどこも深い眠りを体験出来る。 昨夜もぐっすり眠れたよ。 ◆熾火のこと 早起きしたY'sは火を熾していた。灰の下の熾火は一晩位は生きていて小枝と枯葉を乗せて風を送ればすぐに煙が立ち始め炎が上が…

春分に入る奥物部の遊山 けふの月

さあ 着いたな。 カヤハゲの中腹南斜面谷と谷が迫った清水出流処に私達が通うまほらの一つがある。 ◆まほらに入る「まほろば」「まほら」はマホ(真秀)に漠然と場所を示す意の接尾語ラの付いたもの。すぐれたよい所を示す万葉ことば。 そこに至る山道は急峻…

春分に入る奥物部の遊山 枯れた山

河原の膝休めののち杣人が架けた橋を渡りカヤハゲの懐に入る。 ◆橋を渡るこの橋のすぐ下流には落差約10mの百神滝がありいつもの年なら雪解け水がゴウゴウと流れ落ちる。 さあ 登るぞ。 ◆カヤハゲに入る 長笹谷が深く刻んだ急峻な斜面は土壌を失いザレた山道…

春分に入る奥物部の遊山 名残の雪

今日も登り口は私達だけ。気温6度はこの時期では少し低く寒気の南下を感じるものだった。 「防寒着沢山持って来たんです!」 ◆荷を背負う 登り始めに現れる西熊山の上空には暖気の低層雲の上に寒気が姿を現す高層雲が見える。 今晩は冷えるかもな。 今日は準…

春分に入る奥物部の遊山 三椏の花

低気圧が発達しながら三陸沖に進み北日本の太平洋側は暴風雪をもたらせ沿岸は強風や高波にも注意が必要だ。 ◆空を観る 翌日は低気圧が東に離れていき北・東日本を中心に冬型の気圧配置だが四国は高気圧が張り出し一旦安定する。 急に暖かくなった今年の春は…

仲春の白髪山遊山 雪の中

「モナカで心が折れた」 標高約1700m山頂で提案した。 「実は私もそうなんです!」 Y'sが即答で乗ってきた。 ◆雪のことそれは今日の雪質を見てこの先北斜面と雪を想像すると経験が少ないKさんにとってどうかと考えた結果だった。 Y's!! やけに嬉しそうやか…

仲春の白髪山遊山 春の山

「この山は 晴れたら絶景なんよ」 四国山地の南端と言える白髪山。眼下に太平洋へ続く山並が広がる。 ◆森を抜ける この日は山雲に覆われて眺望を得ることは出来ないようだが上空の雲は薄く流れに濃淡がある様でときどき薄日が届き風景が輝いた。 ◆急斜面のこ…

仲春の白髪山遊山 山残雪

山道は白髪山が南東に張る「東尾根」に乗り急登となりここまで霧の中静かだった森に山麓から冷たい風が吹き上がる。 ◆尾根を登る ゆっくり登るがでぇ! 尾根に乗れば一気に標高を稼ぐ。山麓から吹き上がる風は雪も運び上げ残雪も増えるだろうから慎重を要す…

仲春の白髪山遊山 霧の道

奥物部の森を一望する中内台に上がって山を観る。教科書通り層になった雲。 予定どおり白髪でいいな。 ◆車を降りる 白髪山登り口は峰越え林道の最高地点標高1400mにあるため雪が多い年は車の乗付けが困難だが今年は小雪で今まで容易に上がれた。 「また誰も…

仲春の白髪山遊山 梅の花

日本海で前線を伴った低気圧が東進し前線に向かって流れ込む湿った空気の影響で天気は下り坂となり四国は曇りから雨に変わる。 ◆空を観る 寒気を居座らせた偏西風が北上し日本は3月に入って三寒四温に入った。ただ暖かくなるのが激しいように思われ特に北日…