猿板

遊山黒子衆SARUの記録

夏終る三辻山の遊山 雨間

                                         

 ノリウツギの花が終わりを迎え
ススキが若葉を伸ばし始めていた。

和紙の糊をとるユキノシタ科の落葉低木。
夏にアジサイに似た少数の花をつける。

◆静かなこと

 誰も来んわなぁ。。。

静かな登り口の気温は22度。
この時期としては平均的だが
雨上がりの風で涼しく感じた。

◆林道のこと
 山道は鉱山への林道から始まり
道端の潅木は緑の盛りを迎えている。

           

 花の端境期にある林床の草木も
恵みの雨に葉が輝いている様に見えた。

 

 「湿気が気持ちいい」

それも雨上がりならではだろうな。

                             

◆人の林のこと
 山道は林道を離れて
杉ヒノキの植林に入る。

 潅木も万緑やなぁ。

 雲の中にある杉木立の奥から
ニイニイゼミの鳴く声が聞こえる。

                       

自然の緑が人の心に影響するという
しっかりした論文は数多くあって
私も確証はないがそれは感じている。

 

蟬など虫が奏でる高音域も
心を休める効果があるのは
今では定説となりつつある。

 これは血を吸わないアブ。

                             

「瓜の木の実は
   上に向くがやねぇ」

 見つけて欲しいのか。

◆二次林のこと
 工石山山系は急峻な地形を持ち
雨水による土壌流出防止も兼ねて
敷かれた一本丸太の木段を歩けば
2本のものより歩幅に合う事が解る。

                                                   

山道は昭和に整備された植林に
鳥や風が運んだ種子が根を張った
二次林に入り山を覆う雲が明るくなる。

 「鳥が鳴きはじめた」

 「風が涼しい
    杖塚上がるろう?」

 雲の流れを確かめたいな。

                     雨上り耳に染みつく蝉一つ  高澤良一