猿板

遊山黒子衆SARUの記録

tochikoな山歩き 空蝉

 

 かよう森で
蝉の抜け殻を見つけました。

 

 歩きはじめたとき
鳥の囀りと沢の音の向こうから
微かに聞こえていたハルゼミの音は

 どんどん近くなりました。

 今年もその時が巡ってきました。

 

 

 辿り着き 森の母から見上げると



 葉陰の向こうでゲラのドラミングが聞こえ

   


 重なるハルゼミの音は
今を生きている音でした。

                  空蝉を風の中にていつくしむ  山口誓子