猿板

遊山黒子衆SARUの記録

小雪の三辻山遊山 玉霰

                             f:id:kurokoshusaru:20211203213301j:plain

 「やっぱりアラレや」

雪の結晶に水滴が付いて凍り
白い不透明の氷の塊になって
地上に降るもの。玉霰は霰の美称。

◆静かな音
 北の寒波が作る雪の結晶を
南の湿った空気が丸めた玉が
枯葉に落ちてサーッと奏でる音も
雪が積もる前の一期一会だ。

f:id:kurokoshusaru:20211203213413j:plain

「蜘蛛の巣が受けちゅうで」

これも初冬の風景だろう。

 でも蜘蛛は迷惑だよな。

                             f:id:kurokoshusaru:20211203213508j:plain

◆風を見る
 北斜面を巻く山道に
寒気が押してきたようで
tochikoはシェルを羽織る。

f:id:kurokoshusaru:20211203213602j:plain

人間は加齢により身体能力が落ちて
寒暖ストレスに対する抵抗力も変化する。
なので今年の自分が汗を掻かない体感を
初冬に確認することも大切なことだ。

                             f:id:kurokoshusaru:20211203213712j:plain

「自分に合うウエアはない」

装備に身体を合わせるためには
冬は我慢し凍傷にならない程度を知る
自分の身体と対話することが必要だ。

f:id:kurokoshusaru:20211203213916j:plain

◆草木を見る

「春ここに来たら
  菫がいっぱい咲いちゅうもね」

山道は尾根を巻き南斜面に入り
風も気温も森の植生も変わる。

                       f:id:kurokoshusaru:20211203214030j:plain

標高と地形で植生が変わること。
それも気象を読む大切な要点となる。

f:id:kurokoshusaru:20211203214548j:plain

 さて
今冬はどうなるかなぁ。

f:id:kurokoshusaru:20211203214649j:plain

◆かえり道

 「霰止んだね」

 まだ北斜面が降っているのは
上空を流れる雲を観れば解ること。

                                                    f:id:kurokoshusaru:20211203214742j:plain

 「ハンショウヅルの実」

キンポウゲ科センニンソウ属の低木
下向きに咲く花の形を半鐘に見立てた名。

 樹の綿帽子みたいやな。

f:id:kurokoshusaru:20211203214904j:plain

 「今日は寒かったでしょう」

 そうですね。
でも静かでよかったですよ。

 頂きます。

            f:id:kurokoshusaru:20211203214952j:plain

とけるまで霰のかたちしてをりぬ  辻桃子