猿板

遊山黒子衆SARUの記録

大寒の三辻山遊山 冬枯

                             f:id:kurokoshusaru:20210124200227j:plain

 林道から人工林へ
小雨降る三辻山へ続く山道に入る。
常緑樹はある程度雨を防いでくれる。

◆人が育てた森
 植林を「自然破壊」と仰る方もいるが
先人も原生を拓いて里や街を作り生きて来て
私はそれも含めて全てが自然だと思っている。

f:id:kurokoshusaru:20210124200326j:plain
                                         f:id:kurokoshusaru:20210124200428j:plain

◆雑木の森
 単調な風景の人工林を抜け
伐採の後に再生した雑木林に入る。
この時小雨に止み間がはいり
風が寒気の引き込みを知らせる。

f:id:kurokoshusaru:20210124200628j:plain

雑木達も冬に落葉するもの
常緑で厳しい冬を越すものがいて
それぞれこの地で生き残るための
有利な理由があるんだろうなぁ。

                             f:id:kurokoshusaru:20210124200727j:plain
f:id:kurokoshusaru:20210124200923j:plain

 「冬虫夏草いっぱいおるで」

人の目に見えない菌類たちも
生き延びる知恵を駆使して冬を越す。

                                         f:id:kurokoshusaru:20210124200829j:plain

◆一本立てる
 休憩場所として整備された杖塚で
ザックを下ろし一休みした。
この時期としては気温が高めだが
ウエアの選択が合って発汗は感じない。

f:id:kurokoshusaru:20210124201053j:plain

 「土佐水木は
   スイッチ入ったろうか?」

 越冬芽が膨らんで見えるけど
まだ大寒だから早くないかなぁ。

                  f:id:kurokoshusaru:20210124201142j:plain

 木も草もためらはずして枯れゆけり  相生垣瓜人