猿板

遊山黒子衆SARUの記録

小寒の奥物部の森 冬川

                                                                   f:id:kurokoshusaru:20210112123310j:plain

 古の峠道に続く林道から
長笹谷へ下る山道に降りる。
谷は雪を運び雪質が変わる。

◆渓へ下る
 雪歩きは「慣れ」が大切で
雪が乗った斜面の横切りなど
怖がって山側に身体を寄せると
足を取られ滑落の原因となる。

f:id:kurokoshusaru:20210112123423j:plain

◆渓が運ぶ
 深く切れ落ちた渓へ下り
岩に乗った雪の中を渓水が流れる
水墨画のような静かな風景に降りる。

                                     f:id:kurokoshusaru:20210112123540j:plain

 「綺麗ですね」

暗い水に舞い降りる雪の風景は
日本人独特の美意識に合うと思う。

f:id:kurokoshusaru:20210112123742j:plain

 さあカヤハゲに上がるで!

                             f:id:kurokoshusaru:20210112123946j:plain

◆登り返す
 急峻な斜面を葛籠折れに登り
奥物部の森のまほらカヤハゲに取り付く。

                       f:id:kurokoshusaru:20210112124142j:plain
f:id:kurokoshusaru:20210112124312j:plain

山道が渓を横切り始め
対岸となる白髪山の森が見える。

                             f:id:kurokoshusaru:20210112124505j:plain

深い渓から吹き上がる
雪の向こうに青空が見えてきた。

f:id:kurokoshusaru:20210112124655j:plain

◆居場所へ
 長笹谷の支流ヌル谷に別れ
山道が平坦になり私達の居場所が見える。

                  f:id:kurokoshusaru:20210112124742j:plain

長年かけてこの平坦地を造った
ヌル谷は深い雪の下に伏流していた。

f:id:kurokoshusaru:20210112124858j:plain

 東屋で一本しょうか。

f:id:kurokoshusaru:20210112124955j:plain

                     冬川や木の葉は黒き岩の間  惟然