猿板

遊山黒子衆SARUの記録

梅雨明けの奥物部遊山 転

                             f:id:kurokoshusaru:20200803165625j:plain

 今のところ巻雲に動きはない。

上層雲に属する十種雲級の一つ。
5~13キロメートルの高さに現れ
極めて小さい氷の結晶から成る。

◆森に入る
 林道終点の手前から
奥物部の森への山道に入り
ここから自然林の懐になる。

f:id:kurokoshusaru:20200803165726j:plain
                             f:id:kurokoshusaru:20200803165918j:plain

◆渓へ下る
 カヤハゲより出流長笹谷へ下る。
ここは平成16年の土石流に吞まれたが
今年の長雨での被害はなさそうだ。

                                            f:id:kurokoshusaru:20200803170036j:plain

釣り人が流される千回に一回来る三角波のように
大きな自然現象は百年、千年周期で起こると言われ
先の東北大震災は千年に一度のものと考えられる。

f:id:kurokoshusaru:20200803170200j:plain

 毎年報道される
「観測史上最大」に
私は強い違和感を覚える。

f:id:kurokoshusaru:20200803170252j:plain

◆懐に上がる
 長笹谷で一息つけた後
カヤハゲの山麓を登り返す。

                                            f:id:kurokoshusaru:20200803170418j:plain

程なく山道はヌル谷に添い
長年通った居場所に帰る。

f:id:kurokoshusaru:20200803170549j:plain
                                                    f:id:kurokoshusaru:20200803170627j:plain

 う~ん
ここも土砂が流れ込んだかぁ・・・。
でもこんな現象も
ワイズさんの経験となる。

f:id:kurokoshusaru:20200803170731j:plain

◆母の元へ
 「もう
   そのまま行くろう」

 そうやね。
ここまで来たらサコは近い。

                             f:id:kurokoshusaru:20200803170906j:plain

 tochikoの森の母は
いつもと変わらぬ姿で待っていた。

f:id:kurokoshusaru:20200803171027j:plain

 老木は広く深く張った根で
このヌル谷の水源を護っていた。

 ただいま帰りました。

f:id:kurokoshusaru:20200803171131j:plain

                    梅雨明けや深き木の香も日の匂  林翔