猿板

遊山黒子衆SARUの記録

梶ヶ森小寒の遊山 冬の幸

                                              f:id:kurokoshusaru:20200126173450j:plain

 冬期休業中の山荘梶ヶ森の
敷地内にある公立の避難小屋は
登山者などに通年開放されている。

◆和宏さんの山食堂
 そんな隠れ家での
今日の和宏さんの口福は
「広島風お好み焼き」だ。

f:id:kurokoshusaru:20200126173657j:plain

 「家で練習しよったき」

 と言うだけあって
フライパンを2枚使い
手早く焼き上げる。

                                   f:id:kurokoshusaru:20200126173835j:plain f:id:kurokoshusaru:20200126173933j:plain
f:id:kurokoshusaru:20200126174116j:plain f:id:kurokoshusaru:20200126174236j:plain

 湯気立つ料理は
冬の山で最高の贅沢。

 頂きます。

                          f:id:kurokoshusaru:20200126174346j:plain f:id:kurokoshusaru:20200126174454j:plain

◆かえり道
 山歩きは自然相手の趣味で
人間の身体も自然だと思う。

f:id:kurokoshusaru:20200126174630j:plain

 例えば私の関節痛も
医師と理学療法士に軽い登山を問うと
「いいと思いますよ
 でも痛みが強いときは休むように」と言う。

                             f:id:kurokoshusaru:20200126174708j:plain

「完治まで安静にしていると
 その間弱った筋肉を戻すのが大変で
 少々の痛みならやった方が良いと思います」

治療と筋力強化と安静のバランスなんだろう。

f:id:kurokoshusaru:20200126174754j:plain
                                                   f:id:kurokoshusaru:20200126174831j:plain

だからこれからも急がず
自然と身体の様子を見ながら
仲間の力も借りて歩きたいと思う。

f:id:kurokoshusaru:20200126174948j:plain

 「霧氷がないなっちゅう」

 雪花が舞う
まさに一期一会やったねぇ。

                 f:id:kurokoshusaru:20200126175046j:plain

寒雲の満ちをり更に充ち動く  右城暮石