猿板

遊山黒子衆SARUの記録

大暑の堂床遊山谷 山の懐へ

                             f:id:kurokoshusaru:20190728185619j:plain

 涼風流れる渓を離れ
沢の音はしだいに遠くなる
綱附森の懐を登り返す。

◆森に入る
 ここから放置され
障害物となった木段が始まる。
これも手入れ出来なければ
撤去した方がいいのではないか?

f:id:kurokoshusaru:20190728185723j:plain

旧堂床小屋跡地を過ぎ
分岐から綱附森への道に入る。

                                        f:id:kurokoshusaru:20190728185837j:plain

◆人の跡
 急登を終えると
広い平坦地跡に出る。

f:id:kurokoshusaru:20190728185924j:plain

ここは今でも石積みなどが残り
昭和の頃までは集落があったと
物部の古老から聞いたことがある。

                             f:id:kurokoshusaru:20190728190041j:plain

奥物部の森でここだけにある
赤松も人の暮らしがあった証で
かつて私達は赤松に生える
優秀な食用菌を頂くことが出来た。

f:id:kurokoshusaru:20190728190200j:plain

◆自然のこと
 殆どの生物は自然と共に生きてきたが
人は元の自然を変えて生活の場を造ってきた。
その人の活動を環境破壊と思う人は多いが
それは本当にそうなのだろうか?

                                              f:id:kurokoshusaru:20190728190252j:plain

私は人間も自然から生まれたものであり
それなりの役割を持って生み出されたと思っている。

f:id:kurokoshusaru:20190728191814j:plain
                       f:id:kurokoshusaru:20190728191853j:plain

  縁に垂らすわが足大いなる晩夏  桂信子