猿板

遊山黒子衆SARUの記録

平成最後の木曽遊山 古の風景

                                                          f:id:kurokoshusaru:20190430205336j:plain

 アキレス腱が延びるねぇ。
「そうなのよ
  このコースずっと直登なのよ」

◆木曽の裏山
 風越山は中央アルプス三沢岳の
西方尾根上にある標高1,699mの山。
こちらでは裏山低山でも
四国では十分高山の標高だ。

f:id:kurokoshusaru:20190430205442j:plain

◆草刈りのこと
「このワイヤーは
  昔草刈りで使われたのよ」
駒ちゃんは子供の頃この斜面を
米袋に乗って滑り降りたという。

                                                          f:id:kurokoshusaru:20190430205545j:plain

そんな馬の餌となる草取りと
春の山焼きは木曽馬が少なくなり
現在は行われなくなった。
 数十年でこれだけ木が生えるんだ。

f:id:kurokoshusaru:20190430205653j:plain

◆再生すること
 急な斜面を登る山道は
グングンと気持ちよく標高をあげ
自然に生えてきた中低木の
若葉の新緑が励ましてくれた。

                   f:id:kurokoshusaru:20190430210314j:plain f:id:kurokoshusaru:20190430205935j:plain


「ここは菫も種類も多くて
  春は花を求めてあがるのよ」

f:id:kurokoshusaru:20190430210050j:plain f:id:kurokoshusaru:20190430205851j:plain

今年は雪が少なく寒かったようで
花の開花には少し早かったが
それなりの春を感じることが出来た。

                             f:id:kurokoshusaru:20190430210441j:plain

 雪は保温材となり植物を守る。

f:id:kurokoshusaru:20190430210604j:plain

◆カヤトの丘のこと
 かつての草刈り風景を留めた
山頂手前にある草原地帯に至る。

f:id:kurokoshusaru:20190430210740j:plain
                               f:id:kurokoshusaru:20190430210819j:plain

ここは西に展望が開け御嶽山
乗鞍岳を望むことができる。

f:id:kurokoshusaru:20190430210939j:plain

しかし今日はあいにく
高山は雲の中にあったが
これも一期一会の風景だろう。

  「御嶽は雪やね」

f:id:kurokoshusaru:20190430214045j:plain

                                                               春風や闘志いだきて丘に立つ  高浜虚子