猿板

遊山黒子衆SARUの記録

それ行け孫猿!!工石山遊山 芽吹き

                                                   f:id:kurokoshusaru:20190331165942j:plain

 4月から5年生になるルイ。
身長も顔も伸びてきたようで
どことなく青年の顔になってきた。

◆分け入る
 標高1177mの工石山
山頂への登りは林道から始まる。
二人は久しぶりの山歩きで
なかなかのやる気をみせていた。

f:id:kurokoshusaru:20190331170331j:plain

 「キブシが咲いた」
山の春がはじまったね。

                                       f:id:kurokoshusaru:20190331170421j:plain

◆芽吹く
 山道は人工林にはいる。
この杉や檜の人工林でも
間伐や枝打ちなど手入れを続ければ
林床にはそれなりの植生が生まれる。

f:id:kurokoshusaru:20190331170606j:plain

この日中低木やウバユリなどが
芽吹きの時を迎えていた。

                                   f:id:kurokoshusaru:20190331170734j:plain f:id:kurokoshusaru:20190331170824j:plain

 生まれたばかりの
葉っぱは可愛いものだね。

f:id:kurokoshusaru:20190331171011j:plain

◆雑木林
 薄暗い人工林を抜け
山道はひとたび自然林にはいる。

                       f:id:kurokoshusaru:20190331171102j:plain

自然林とは言え木々は若く
ここが伐採跡であることが解る。

f:id:kurokoshusaru:20190331171220j:plain
                             f:id:kurokoshusaru:20190331171311j:plain

 さあ 雲の中にはいるぞ。

f:id:kurokoshusaru:20190331171442j:plain

            美しく木の芽の如くつつましく  京極杞陽