猿板

遊山黒子衆SARUの記録

立冬の剣山遊山 帰る日

                                                   f:id:kurokoshusaru:20181126190718j:plain
 窓の外が明るくなってきた。
登山者たちは朝食を済ませ
行く気満々で身支度を調えていたが
稜線は再び雲の中に沈んでいた。

臨機応変
 もう一寝入りしよう(笑)
そんな訳で今回も
一番最後の朝食組になった m(_ _)m
でもこの小屋ではのんびりしたい。

f:id:kurokoshusaru:20181126190856j:plain

◆山の朝
 朝食が終わる頃
頂上を覆っていた雲が去った。

f:id:kurokoshusaru:20181126190953j:plain
                             f:id:kurokoshusaru:20181126191043j:plain

 「早起きは三文の得」もあり
「果報は寝て待て」の時もある。

f:id:kurokoshusaru:20181126191205j:plain
      f:id:kurokoshusaru:20181126191252j:plain

予定、目標どおり行かないから
人生は楽しいのかもしれない。

                                       f:id:kurokoshusaru:20181126191402j:plain

◆経験という道標
 若い頃登山も沢登りも
前衛的なものだったが
今はより美しい風景を求め
山麓をうろつくようになった。

f:id:kurokoshusaru:20181126191456j:plain

それは老化ではなく成長だと思っている。
そしてこれからも身の丈に合った
道を見いだし分け入るのだろう。

                                                   f:id:kurokoshusaru:20181126191614j:plain

 勿論 下山後も地域貢献
これも私たちの山道なんだろう。
 tochiko 次は孫猿と遊山やな。

f:id:kurokoshusaru:20181126191838j:plain

           立冬のことに草木のかがやける  沢木欣一