猿板

遊山黒子衆SARUの記録

立冬の剣山遊山 水の形

                                                   f:id:kurokoshusaru:20181124154702j:plain
 弟峰次郎笈が現れる。
山道は一旦森を抜けて
西島の笹原に上がり風景が開く。
◆西島に登る
 リフトで上がったお父さんと合流。
ここから最後の登りが始まる。
 「和宏さん待ちかねちゅうかも」

f:id:kurokoshusaru:20181124154812j:plain 
                             f:id:kurokoshusaru:20181124154853j:plain

◆霧氷積もる
 西島を越えて気温が下がるが
日差しが届き温かくも感じた。

f:id:kurokoshusaru:20181124155009j:plain                  f:id:kurokoshusaru:20181124155046j:plain

 「これって雪!?」
まだ初雪は聞いていない。
よく見ると霧氷が積もったものだった。
 この季節の一期一会やね。

f:id:kurokoshusaru:20181124155208j:plain f:id:kurokoshusaru:20181124155303j:plain

◆寒雲流れる
 山道は大剱神社に上がり
山麓の風が強く吹き上がってきた。

f:id:kurokoshusaru:20181124155501j:plain

時々雲の切れ間から陽が差し
変化のときの訪れを告げていた。

                             f:id:kurokoshusaru:20181124155542j:plain

 居場所が見えてきた。
今晩の風景が楽しみだ。

f:id:kurokoshusaru:20181124155641j:plain

                  寒雲の影をちぢめてうごきけり  石原八束