猿板

遊山黒子衆SARUの記録

大雪の国見山遊山 承

霰降る

 登り始めの植林帯で
霰はさらに数を増していた。
 これは写真じゃ解らんね(苦笑)


◆植林を登ること
 薄暗い植林を雑木林へ登る。
光を乱反射する霰のためか
いつもより風景が明るく感じた。



◆防火帯のこと
 延焼を防ぐ防火帯に出る。
この杉もずいぶん大きくなった。
              
水が好きな杉の森には
水が造る風景がよく似合う。



◆雲に入る
 防火帯を登るごとに
霧が深くなってゆく。
              
 「かわいい霧氷やね」
 来た来た!目当てはこれだ。



                     
 いつの間にか霰は止み
森は静寂に包まれはじめた。
 今日の稜線は期待出来そうだ。



                             いざ子ども走り歩かん玉霰  芭蕉