猿板

遊山黒子衆SARUの記録

夏至の入り剣山 荷揚げるもの

雲の中の頂

 頂上に近づく毎に
雲の中に入ってゆく。
 「霧雨になったね。」
◆静寂のとき
 霧の中に立つ鳥居を潜る。
平日の山の静けさの中に
カッコウの鳴き声が響いていた。



◆静かな山小屋
 お昼前に着いた山小屋に
登山者の姿はなかった。
                    

しかし山小屋の仕事は
切れ間無く続いている。



このお仕事があるから
安心して登ることが出来る。
                     
◆置き土産
 和宏さんは嬉しそうにザックを開ける
 「土佐流でお迎えせんとね」
今日の目的は前回ここで知り合った
Tommyさんへのお土産の荷揚げだった。



1通のメールから始まった今回の遊山。
 「今晩ほかのお客さんに出しちゃってよ」
Tommyさんもびっくりしますよ。
                 
◆梅雨晴れ間
 お昼を頂いて降りる頃には
雨は上がり雲が動き始めていた。
                       

 登山口に近づいたとき
神戸から着かれたTommyさんとばったり!
「色々いらんことしちゅうき
  上に着いたら食べてください」
                     
「頂上は晴れてきたね」
 Tommyさん良かったですね。
次は一緒に登りましょうね。



                                       梅雨晴間ふはり入り来る風もあり  林翔